地域の皆さんへ/お気軽にご相談ください!

このページでは、私がお手伝いできるキーワードを列挙しています。
講演などのご依頼については、このページの最下部をご覧ください。

  • 自治体における総合計画や都市計画マスタープランの策定
  • 公共施設の再編,市民協働による公共施設の運営
  • 社会教育事業の改革,社会教育施設のリニューアル
    • 塩竈市社会教育委員
    • 仙台市公民館運営審議会委員 などを歴任
  • まちづくり基本条例の策定,地区レベルのまちづくりビジョンの策定
  • 町内会・自治会の運営の改革,集会施設のリニューアル
    • 読売新聞(2017.6.21/熊本)「「小規模仮設に集会所が必要」 仙台のNPO調査」 ほか
  • 市民活動・NPOの立上げ,市民協働事業の推進
    • 読売新聞(2011.1.1/山形)「結んで拓いて 若い力で地域再生」
    • 河北新報(2019.3.26)「復興まちづくり策 石巻から発信/見学会・座談会/カーシェアリング 新しい街中文化/つなぐ仕組みに自信」 ほか
  • 空き店舗の活用をはじめとする商店街の活性化,チャレンジショップの企画運営
    • トライショップ123(仙台市とサンモール一番町商店街によるチャレンジショップ事業)のマネジメント
    • 日本経済新聞(2001.12.14/東北)「NPO「アーバンネット」事務局長小地沢将之氏―街づくり提案(みちのく未来人)」
    • 読売新聞(2010.2.28/山形)「酒田街中に学生サロン 空き店舗活用」 ほか
  • 地域組織・企業におけるSDGsに準拠した活動の推進
    • 毎日新聞(1999.6.2/宮城)「ポイ捨て禁止条例、仙台市でスタート-小地沢将之さんに聞く」
    • 河北新報(2004.1.17)「自立の一歩 街に出よう/仙台のフリースクールと住民団体/協力し商店街でごみ拾い」 ほか
  • 地域通貨の導入支援
    • 毎日新聞(2000.11.6)「地域通貨 コミュニティーを再生」
    • 朝日新聞(2001.12.5/宮城)「学んで体験 助け合いで流通「地域通貨」、仙台でサミット」
    • 全国ボランティア研究集会における講演 ほか
  • 自治体職員・議員・専門職などを対象とした研修
研究実施団体(代表的なもののみ記載しました)
・記念式典での講演:千葉県鎌ヶ谷市,岐阜県垂井町,青森県階上町 ほか
・自治体職員研修:大阪市,山形県庄内町,山形県遊佐町 ほか
・議員研修:宮城県大和町議会,山形県荘内地方町村議会 ほか
・商業団体職員研修:一番町四丁目商店街振興組合(仙台市),西多賀商店街(仙台市),岐阜地区商工会(岐阜市) ほか
・専門職研修:庄内教育委員会協議会(山形県),宮城県宅建協会,宮城県自動車整備振興会 ほか
・自治会・町内会研修:愛知県豊田市,愛知県春日部市,福島県郡山市,山形県鶴岡市 ほか
・ボランティア研修:総務省,山形県警察,仙台市精神保健福祉団体連絡協議会 ほか

それぞれの実践例などについては、各種報道機関のデータベースなどでご確認ください。
 …日本経済新聞,毎日新聞,朝日新聞,読売新聞,河北新報 などのデータベースに多数の掲載記事があります。

公立大学法人宮城大学
事業構想学群 都市・地域・社会デザイン研究室
准教授・小地沢将之・博士(工学)

講演などのご依頼方法
1)講師派遣会社・株式会社ペルソンにご依頼いただく。
 もしくは
2)小地沢研究室までご連絡いただく。
 ※ご依頼の内容によっては、知的財産管理会社などを通じてお引き受けいたします。