仮設住宅団地・災害公営住宅における地域活動や集会活動の支援

東日本大震災では、応急仮設住宅団地の集会所などを拠点とした地域活動の活発さが、復興後の地区における地域力の維持や向上に影響する可能性が明らかになりつつあります。
現在、私たちは熊本地震の応急仮設住宅団地に整備された集会施設「みんなの家」や集会施設のない応急仮設住宅団地における地域活動や集会活動が活発となるための調査やお手伝いに着手しています。
また、東日本大震災の災害公営住宅においても、多くの入居者の方々の交流が実現するためのお手伝いに着手しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です